四柱推命 12運 性格と運気の強さを表します

四柱推命で12運は、性格と運気の強さを表す記号です

「胎」(たい)、「養」(よう)、「長生」(ちょうせい)、「沐浴」(もくよく)、「冠帯」(かんたい)、「建禄」(けんろく)、「帝王」(ていおう」、「衰」(すい)、「病」(びょう)、「死」(し)、「墓」(ぼ)、「絶」(ぜつ)

四柱推命の鑑定の一部にその人の性格を表す、12運というものがあります。
これは、アルファベットができる前の記号ですので、今12運が作成されていたら、「Aタイプ」「Bタイプ」などと血液型のように呼ばれていただかもしれませんね。(個人の推測です。)

鑑定用の運気の表(命式)に、「死」という漢字を見て

「死ぬ運命なのかもしれない」

なんて、悲観的に驚かないでくださいね。
12運「死」というのは、勤勉で実行力があり情に厚いという性格を表しているのです。

12運の性格はその人の持っているものが強く出るところ

人は12運の性格を全て少しづつ持っていますが、特に強く出てしまう性格が
その人の命式にある12運なのです。

普段は12運の特徴を隠していたとしても、
決断の最後の最後や、切羽詰まった時に出る本性が
12運の性格なのです。

12運の性格は、一生変わらないので、その人の根本のところ
「ずーっと長いおつきあいをしても変わらないね」
という部分なのです。

仕事や住む場所、周りの環境が変わったとしても変わらないのが12運の性格なのです。

四柱推命鑑定士は、相手を観るときは

まずは12運

というくらい重要視しています。

動物占いは12運です

この12運を手軽に知ることができるのが、動物占いです。

動物占いは、四柱推命をベースとしており、
見事に基本的な性格を言い当てています。

複雑な漢字で表す12運をかわいい動物に例えて表現する動物占いは、
当たっている上に楽しく自分の性格を知ることができるのでオススメです。

ご自分の性格を知りたいという方はぜひやってみてくださいね。動物占い

性格当たりますよ!

12運を知ることによって

その人のベースとなる部分を知っておくと、相手の好みや考え方のくせがわかり、
付き合いやすくなります。

自分が陥りがちな欠点や、よくない考え方のくせもわかるので
注意することもできます。

自分のことがよくわからなくなった時や、自分を俯瞰してみるのに
大きく役立ちます。

一番大切なのは、この個性を生かして自分らしく生きていくことです。

12運を知り、自分の持ち味を生かして自分らしく生きていくことで

幸せや充実感を感じられます。

次回からは12運を少しづつご説明していきます。

素敵な1日を

壬 久礼亜(みずのえ くれあ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です