ハンドメイドの素晴らしさ

おはようございます。

何かを作るのが好きなんですね〜。

特に刺繍。

チクチクやっていると、時間を忘れます。

手芸店で、色とりどりの刺繍糸が並んでいるのをみると、ワクワクが止まりません。

今度、端から端まで、全色買ってみようかと企んでます。

 

ハンドメイドのどこが好きかというと、

「世界で1点もの」

「自分の理想に近いものが出来上がる」

「心地よい」

ってところでしょうか。

 

ハンドメイドならではのエピソードがありまして、

1、高校の時、友人に巾着を作って、差し上げたのです。

その巾着、最近まで使ってくれてたそうですよ!

うん十年です。めちゃめちゃ嬉しい!

 

2、お友達は幼稚園の時に、お母様が作ってくれたお弁当袋の刺繍の柄をずーっと覚えているそうです。

手作りを覚えているって、「愛情を覚えている」ようです。

 

3、ハンドメイド好きは、つい素敵なハンドメイドを持っている人に話しかけてしまう。

数年前、素敵な刺繍のバッグを持っていたご年配の女性に

「お作りになったのですか」と聞いてしまった。

その方、「母がね」と微笑んでおっしゃってました。

お母様が生前にということだと思います。

お母様と共有した時間がそこに詰まっているようで、胸が熱くなりました。

 

ハンドメイドが苦手な人は、作ってもらって買うのもいいと思う。

心地よさが満たされる

 

素敵な一日を。

 

壬 久礼亜

クリスマス

おはようございます。

クリスマスイブはいかがでしたか?

 

私はこのクリスマスイブの翌日の朝が大好き。

 

まず、楽しかったな〜って思い出して、ご馳走やケーキの残り物を食べるのが、幸せ。

片付け物をしながら、頭の中はお正月の準備。

この時期は鑑定も忙しいので、

今年は、お正月の準備はかなり割愛。

 

気になるところのお掃除だけはやっておきます。

寒いから、11月にやっておけば良かったと、いつも思うのよね。

暖かくして、お過ごしください。

 

壬 久礼亜

 

クリスマス イブ

おはようございます。

クリスマスイブの朝です。

今日のご予定はいかがでしょうか?

 

毎年思うのですが、

12月に入ってからの主婦は大忙し。

クリスマスツリーを出して、クリスマスのご馳走の準備をしつつ、お正月の準備、大掃除、ご挨拶。

もうそれはそれは、繁忙期でございます。

 

この忙しさのせいで、数年前まで、

キリスト教徒ではないから、日本にはクリスマスは要らない、と思っておりました。

まあ、でも、楽しんでしまえばいいのです。

楽しむしかない!お祭り!

 

さあ、サンタからのプレゼントはなんでしょうか?

この機会に、心ときめくものを買ってもいいかもしれませんよ!

 

素敵なクリスマスを!

 

壬 久礼亜

止められない①働き方の変化

おはようございます。

昨日から、流れの事話しておりますが、

日本の働き方の変化の流れも止められなくなって来ております。

「テレワーク」とか「在宅勤務」とか、会社に行く時間と通勤時間が減ってきて

時間があまる」のです。

この時間はそれぞれの、

趣味」「サイドビジネス」「旅行

などに費やされるようになるのでしょう。

ズバリ「心の充実」の時代になってきました。

時が移り変わってきたのですよ。

お金の価値というものが、だんだんと変化してきたように思います。

今までは結局は「お金」と思っていたものが、

結局は「」「時間」「充足感」に変化してませんか?

 

こうなると、もう、「好きなもの」「愛を向ける物」がある人が「勝ち組」

と思いますね〜。

さあ、じっとしてられませんよ!

 

素敵な1日を

壬 久礼亜

そんな時期もある

おはようございます。

ここ、10年くらいの間、母方の親戚は荒れていましてね。

祖父母が亡くなり、

リーマンショックの影響で事業が傾いたり、

従姉妹の離婚、

世の中の不幸と呼ばれることが、多く押し寄せているような感じでした。

長女である母は、キレまくっておりました。

先日会った、叔父、叔母、従姉妹たちは、とても不幸とは思えない様子。

お蕎麦やさんで、ビールをジョッキで5杯以上飲み、(各々)、締めにがっつり丼物を食べて、

従って、程よく恰幅良くなっていた。

叔父は伴侶をなくし、子供の離婚などあったけれど、ぼちぼち仕事をして、時間があれば川や海に魚を釣りに行って、美食家なので、時々美味しいものを食べて、彫刻をする生活をしていた。

叔母は、相変わらず、掃除好きで、家の中はキレイ。だけど飲むと説教始めるようになり、居酒屋で酔っ払っている男性サラリーマンのように見えましたわ。

この様子を見て、「呑気すぎる!」と、また母がキレていましたわ。

その、大変だった時期に母はお金や時間の工面をしていたので、自分の苦労を思うと呑気に見えるのでしょう。

放っておけばいいのに。(笑)

 

運気の中では、どうしてもその不幸や困難を避けられない時がある。

その逆境の時期というのは学ぶことも大きい。

その人にあった、超えられる逆境しか来ないのだから、しっかりと受け止めて、対峙していくしかない。

期待せず、小さな幸せを感じながら過ごしていけば、その時期は終わって行く。

あの、荒れていた時期を抜けて、程よい幸せを感じながら海の近くで過ごしている、親戚。

また、母がイライラするんだろうな。

 

素敵な1日を

壬 久礼亜

サビシサを味わう

おはようございます。

うれしさ、悲しみ、緊張、怒り、

全て、人にしか感じられない感情。

中でも、さびしさは、一番恐怖

感じないように、忙しくしたり、目標を設定して目指してみたり

思いっきり、逃げちゃう?

逃げるは恥だが役には立ちますけれど、

その感情から逃げきれなくなる。

忙しくした後、目標にを達成した後、虚しくなったり、自分だけが空回りして、「なんでも私だけ」って被害妄想までしてしまう。

 

うれしさも、悲しさも、怒りも、さびしさも、全ての感情を大切にして味わう

それが生きているって事なんだって。

素敵な1日を

 

壬 久礼亜

不機嫌なフルーツ

おはようございます

今日の夢は、学校の教室で妹と(実際妹いません)暴漢に襲われそうになり、その暴漢を殺してしまう。その前日まで険悪だった友人に「私もこんな状態だから、警察にも行かなくちゃいけないし、いつ会えるかわからないから、こんな不機嫌な関係でいるわけにはいかないんだよ」と話したところで、間違い電話がかかってきて目が覚めた。

話しは変わって、お宅の奥様は、いつも機嫌が悪くないですか

どうして女というものは、こう機嫌が悪いのだろう。

私も女性の一人ですが、自分の機嫌をコントロールできない時がある。

ホルモン、女性特有の体調、色々と理由はあるのだけれど、一番の理由は

男性の感謝の気持ちが足りない!

という事だと思う。

男性っていうのはその感謝の気持ちの表し方が超下手

その上、すぐに忘れる

ご機嫌をとるために、ケーキやお花を買って帰って、好みに合わず、地雷を踏んでしまった経験をお持ちじゃないでしょうか。

物で解決するような、そんな単純な問題でもない。

機嫌というのはそう簡単に治るものではないのね。

望みを叶えてあげれば、もう終わりってことではないのよね。

どうすればいいか、知りたい?

 

 

重ね重ね、「ありがとう

重ね重ね、「きれいだね

重ね重ね、「ごめんなさ

いい続ける。

タイミングよく!ここ大事

 

女というものは本当に厄介生き物だわ。

 

素敵な一日を!

壬 久礼亜

 

最近見た夢

9月27日

友人とフレンチレストランに行った。エスカルゴを注文したら、直径20センチくらいのエスカルゴが出てきた。

そこの店はエスカルゴの名店で新鮮なものを仕入れてるから、半生で美味しいという事だった。

いただこうと思ったらエスカルゴが動き出して、となりの席のお皿にまで移動してしまいそうになったので、もうちょっと焼いてもらおうという事になった。

9月28日

イベントで

ミーアキャットが来る、という事で見に行った。

夢の中ではミーアキャットの餌がネズミで、そのネズミが私の腕をかすって逃げて行った。

その時「キャーッ」と叫んだ自分の声で目が覚めた。

目が覚めても、まだ部屋にネズミがいるようで、起き上がって探してしまった。

9月29日

刺繍の生地を探していたら、隣の母の部屋の生地の山から出てきた。

「糊が硬かった洗っておいたよ」

とのこと。

「ガーン」縮んでいる上に生地がゆるい。しかもアウトラインステッチ終わってる。

「これじゃ私がやった事にならないじゃない」

と言った自分の声で目が覚めた。

先日買った生地に、図案が入るかどうか気になっていたので、見てしまった夢。

そろそろ、心が温まる夢とか見たい。

壬 久礼亜