「陰陽五行と干支」五行説

おはようございます。

今日は五行です。

宇宙の全ては5つの物質からできている。

「木、火、土、金、水」のことを五行と言います。

応援する関係や痛みを与える(剋する)関係となっています。

この五行はどれか一つが欠けてもいけないし、力関係が崩れたらおかしくなってしまいます。

ここでもやはりバランスが必要です。

五行のうち弱いものがあったら、応援する関係を使って強くしてあげる。

土が弱かったら、火を持ってきてあげます。

五行のうち強すぎるものがあったら、剋するものを持ってきてあげて、うまくバランスを保ってあげるのです。

例えば、火が強すぎたら、水を持ってきてあげます。

次回は十干十二支を説明します。

素敵な1日を

壬 久礼亜

“「陰陽五行と干支」五行説” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です