羽生結弦くんとタスクの整理の仕方

おはようございます。

オリンピックでは金銀同時に獲った、男子フィギュアスケート。

素晴らしい!快挙!

明るい話題でいいわよね。

羽生くんインタビューで、金メダルのために

「色々なものを捨ててきた」って言ってたわね。

現代はマルチタスクだから誰もが多くのやるべき事に囲まれていて(この症状を文化的な多動性症候群と言っている人がいたわ)、どれが自分にとっての必要なことなのか、何が必要で何が不必要なのか。

その迷う手間を省略をして、到着地に行くのに寄り道をしない、いい方法だわね。

66年ぶりのオリンピック2連続金メダルを狙う人は、ぜひこの方法を参考にして欲しいのだけど、世の中にはそこまで壮大な夢を持っている人はいないと思うのよね。

そこで、目標がオリンピックメダル、2連続を狙っていないない人のための、タスクの選び方。

二つ。

1つ目、瞑想。(女性は手を動かすような、裁縫や料理もOK)

頭の中を一度無にする事で余計なタスクが整理されていく。

女性の脳は手を動かすと落ち着くので、どちらかご自分に向いている方をやってみてね。

2つ目、自然の中で過ごす。

これはとても効果があるわ。

その自然の中にいると、欲しいと思っていた物とか、認めて欲しいという気持ち、どうでもいい欲求が淘汰されて、本当に必要なものだけが残っていくのね。

どうして、自然の中にいるとタスクが整理されるの?

それは正直なところわからないのだけど、

やっぱり自然は偉大 なのよ

毎日忙しかったり、出かけるなんて無理っていう人は瞑想で、それ以外の人は、ぜひ、自然の中にお出かけしてね。

だんだんと暖かくなってきたから、桜を見に行く予定を立てるのもいいわね。

本当に何もいらなくなるわよ。

素敵な1日になりますように。

久礼亜