人生戦略の必要性

こんばんは

今年が始まったと言っても、まだちょっと今年の気配は薄いわね〜。

だんだんと時が経って、5月、6月、7月くらいになると完全にその年の運気が強くなって、11月くらいから、その年の運気は薄くなっていく。

その年の終わりに運気が薄くなっても、よい運気の時で目標を達成できてない時は、2月3日まで粘る。運気は薄くはなるけれど、まだいい運気は残っているのだから、あきらめてはダメ。

悪い運気の時は、気を抜かない。1月にトラブル発生する事も結構あるから、丁寧に対応するのよ。

 

今日は何で戦略が必要がお話するわね。(前のブログのに加筆しました。)

人っていうのは、時には逆らえないわけ。
時代の流れにもね。
その時を捉えて、やりたい事、達成したい事を動かすのよ。

運気というものは雲の流れのようなものなんだけど、
雨が降っていたら、傘をさすわよね。
ピクニックに行かないでしょ。
晴れていたら、思いっきり外のレジャーも楽しめるわよね。

その時自分の上の雲の流れを知らないと、土砂降りにピクニックに行く事になるのよ。

例えば結婚したい相手がいる、でもなかなか踏み切れないって時は
二人にその運気の流れが来てないのよ。
その運気は二人とも持っていないとだめだから、
重なる時まで待つしかないの。
ちなみになんだけど、相性はたいして良くないのに、その運気を二人とも持っていて、たまたま側にいたって時も結婚するわね。
社内結婚の隣の席同士にはよくあるわ。

その時がわかっていれば、焦る事もないし、それまでの時間を心穏やかに自分の事に使えるでしょ。

家の購入や、改築、引越しもそうなのよ。

結婚と違って、購入、改築、引越しはできるんだけど、
相応しくない運気の時は物事がスムーズに進まないのね。
欠陥のある住宅になってしまったり、思い通りにならないの。

いや、自分は運気など気にせず、コツコツ自分のペースで、自分の感じたようにやっていく。そういう人もいるわね。

そこは、人生の究極の目標なの。
でも、フツーはできないわね。

知っておいて、避けられるものは避けて、利用できるものは利用する。それは、ずる賢いということではなくて、努力して狙っていくということなのだから、活用すべきと私は思うの。

そうすれば、いまやるべきこと、明日やるべきこと、終わらせておくタイミングがわかるようになるわよね。

そうやって行動を起こすことが、運気を上げることにつながるのよ。

壬 久礼亜